FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャミソール 型紙作り

好きで衣装作りしていますが紙で型紙を作らず初めに布を縫いDDdyに合わせて寸法を合わせたりサイズを調整してそれを分解し型紙の代わりにしています
IMGP0552.jpg

今回これから夏に向かいますし涼しくタンクトップかキャミソールを作りたかったのですがタンクトップだとDDdyの立派過ぎる胸で生地が引っ張られて自然なラインでならない感じがしたので腕周りを大きく取らずフリルを設けるかゆとりのある短い袖を付けてキャミソールを作ってみようと思います
筒縫いした物をDDdyに着させてまず肩口を決めます、そこから胸ぐらと背のラインを作り腕へのラインも決めます
表裏同じ面積の布だと胸の膨らみに表が張って裏が余ります、表は胸のラインに沿うよう中央で布の余りをカットして裏も同じように余った布を中央のラインで削ります
ただ胸ぐらを大きく取りますのでヘッドを取り外さなくても脱ぎ着出来るようサイズギリギリまで削らず胴回りより余裕があるようにしました
ここをボディにフィットするように仕立てるなら裏布の中央はやや重なるように残しで脱ぎ着はその合わせ部分をホックなどで留めるようにすると良いでしょうね
まずは型紙になる仕立てなので布と糸の色が合っていなくても気にしない 笑
縫い目もアバウトに縫っていますし・・・と写した姿を見ると「もうちょっと脇腹の布を削ってもいいかな?」と思っちゃいました
逆にもっとゆとりを持たせて裾広がりにして段々のフリルを縫い付けてもいいかな?
こうやって下手な衣装作りは進んでゆきます 笑
スポンサーサイト
[PR]

リストリクションドレス

ボンデージより拘束着をイメージしたものを作ったのですがハーネスで胸も下腹部もオープンデザインになってしまいましたのでトップスを作ることに
DSCF1867.jpg

ただ両腕を拘束袖で繋いでいますので着脱に上着のような手間が掛かるデザインは向いていないかも?と考えて拘束着っぽさに「包み込む」イメージを重ね袋状のデザインでハーネスで緊縛したボディを覆い隠す感じにしてみました
肩口を作らずチューブトップのように胸上に掛かるゴムでの伸縮、ラフなラインはムームーっぽい感じでしょうか
一枚の布を筒状に縫い上げてゴムやレースを取り付けても簡単に出来そうですが拘束着っぽく強度を上げるステッチを増やしたかったので6枚の縦長布を縫い合わせて縫い目を増やしています
フロントには別布で作った帯布を十字に縫い付けてアクセントに、その十字帯の両端に紐などを通せるループを設けましたのでゆとりで遊ぶ布を後ろ側で絞っています
これで今回作ったボンデージ系拘束着は出来上がりかな?肩が露出してるのでこれにミニマントか全周エプロンというか赤ちゃんの涎掛けみたいなデザインのものを作って肩周りを覆ってもいいかな?
結局は露出の少ない衣装になっちゃいましたね 笑

ボディハーネス

DDdyを始めてDDや大き目のドールを公開しているサイトやブログを拝見しているとボンデージ系の衣装をよく見掛けます
DSCF1860.jpg

そこで作ってみようと思ったのですが手元にレザーやエナメルで衣装を作るほどの大きさはありません・・・
画像検索でボンデージ系の衣装を眺めていると拘束着などは丈夫な布製ですからレザーやエナメルでなくても作れそう
白い生地はあるので手足は拘束着っぽいイメージでラフな感じ、胴体はボンデージのハーネスの感じにしてみました
DSCF1862.jpg

本当は手足のデザインにもハーネスやベルトを走らせて束縛の感じを出せば良かったのですが金具等を用意していない買ったのでシンプルになってしまいました
白で統一しましたのでヘッドは何も被らず黒髪なのも変と感じてフリルや耳垂れのナイトキャップっぽいものを作り合わせています
それに合わせて両手を拘束しているカバーの肩口や股と脛でセパレートになっている足カバーの膝下にもフリルを縫い付けてみました
胸も股間もオープンなハーネスですから上から羽織るものを作っても良いでしょうね、ゴスロリの胸に掛かる程度のフリルマントもいいなーと思ったのですが下腹が出たままになっちゃうので別のもの(下腹部用)との組み合わせになりますね
それとも病院で手術前に着る前後布垂れを脇腹で簡単に留めるベスト(患者着)みたいなデザインも使えそうかな?
衣装作りをしていてどちらかと言うとカジュアルな感じが好きなんですがボンデージ系の衣装を先輩達のサイトやブログで拝見してちょっと試しに作ってみたくなりました 笑

レースショーツ&エナメルチョーカー

DSCF1847.jpg

幅広のレースが余っているので細く帯状に縫った布を股布にしレースを縫い付けて腰部分はデコレーションテープにゴムレースを縫いつけその二つを付けて出来上がりの簡単ショーツというかTフロント・TバックなのでGストリングと呼べばいいのかな?
エナメルの方は使わなくなったエナメルポーチを解体して帯状に縫った物を輪にして出来上がり、アクセントに100円ショップで売っている携帯電話のデコレーションシールの一部を貼り付けています
余ったエナメル生地でエナメルバンドも作ってみました、チョーカーより幅広の帯にした物に幅の狭い物をポーチに使っていた金具を通して縫い付けています
エナメルを縫うとそのままでは布送りが上手く進まなかったりしますので紙に挟んで縫うとキレイに縫えますね
トップスは作っていないので大きな胸出ていますがブログジャンルをアダルトにしていますから良いですよね? 笑
こうやってみると両腕以外はペイントしているのでなんだか腕の部分だけ陰影が無くってちょっと寂しいですね
衣装作りでボディ合わせを繰り返すために太もも辺りが擦れてちょっとハゲてきたので手直しの時に腕もペイントしようかな?そうなると膝下もした方がいいかな?

ペンタックスMX

200円ガチャで以前からペンタックスのミニチュアデジカメが売られていました
K-xやK-rだったのでスルーしていましたが少し前からK-5やK-7に混じって懐かしいフィルムカメラのMXがラインナップに加わっています
DSCF1844.jpg

画像掲示板の虎でこのMXにストラップを取り付けDDに持たせている写真を見つけ真似させていただくことに 笑
でも実際に作業を始めると難しい!
まず本物と同じように三角の金具を取り付けようとしたのですがカメラにポチっと出ている取り付け部が小さくって細い針でも通すのは無理そう・・・
それならと取り付け部分の突起をカット、そこによくドリンクにオマケで突いてくるキャラクターストラップに使われているネジ金具(キャラクターの頭などに捻じ込んでいるストラップと連結するネジ)を抜き取りそれを付けてみましょう!
カメラのカットした部分に少し穴を開けてそこにネジ金具を捻じ込みます、ラジオペンチで摘んでクルクル捻じ込むのですが最後に上を向くよう曲げると・・・1個は綺麗に曲がったのですがもう片方がポキ!というよりグネーという感触で折れちゃいました・・・片方は上手く出来たのにもう片方には抜き取れない折れたネジ部分が・・・
小さな金具ですし材質も柔らかい物だったんでしょうね 失敗
MXが一個しか無かったので予備MXを手に入れようと街中のガチャ巡り、1個のMXを手に5個のK-5&K-7も一緒に付いて来ちゃいました・・・
次も失敗したら怖いので試しに失敗したMXの折れたネジのすぐ横に熱した針で穴を開け別の丈夫そうなネジを入れてみることに、今度はしっかり奥まで穴を開けたのでスムーズに入り仕上げの曲げも慎重に行うと
そんなに位置がズレたようにも感じない程度ですしこれでも良いかな?と思っちゃいました 笑
金具が本物とは違って丸型になっていますがストラップを取り付ければ隠れる部分ですし気にしない気にしない
先日買ってきたハギレ革で作ったショルダーストラップを失敗から立ち直ったMXに取り付けようと思ったら・・・
革の厚みと幅が合わず折角苦労した取り替えた金具を通りません、何処かのCMではありませんが「事前の確認」が必要ですね
そんな訳で金具取り付けは出来たMXですがストラップを付いて首から提げた姿のお披露目はもう少し後になりそうです・・・

ニットキャップ 赤

昨日作って写すのを忘れちゃったキャップです
DSCF1843.jpg

被り口の伸縮部分は使った生地が100円ショップのTシャツを使っているのでその裾部分をそのまま利用しています
頭の外周に合わせて奥行きは少しゆとりを持たせて切り出した長方形の生地を筒状に縫って片方を絞っても良いですし丸く切った同じ生地で蓋にしても良いでしょうね
今回は丸く切った生地を縫いフィット感よりイージーな感じにしています
ブランドタグをフロントにフェルトで付けましたが・・・縫い付けてから何もプリントしていないのに気付く・・・
ネームテープにプリントか転写プリントしてブランドっぽく付け直そうかな?ピンクのフェルトがかなり余っているのでリストバンドっぽいのも作ったんだけど長過ぎて野球選手のリストバンドみたいになったのはご愛嬌 笑

キャミソール ヨガパンツ

お店でベルベット風のハギレや本革のハギレを見つけたので衣装作り
IMGP0385.jpg

キャミソールは生地の伸縮性を活かしチューブトップのように筒状にして肩紐を付けただけの簡単なデザインです
右手に付けているレザーバンドも簡単なデザインですが革だけだとミシンで布送りが進みませんでした・・・
仕方ないので紙で表裏を挟んでミシンがスムーズに動くよう対応、縫い上げたらビリ!っと紙を破って取り除く方法です
少し紙の厚みが取り除かれるので縫い目が緩くなりますから紙を取り除いたら糸を端で引っ張りテンションを掛けた方が良いですね
キャミソールに合わせる下を考えたのですが最初に手元にあった白生地で簡易的に作ったヨガパンツ(イージーパンツやレギンスだと裾が窄まっていますがヨガパンツはタイトなスウェットパンツに似た感じでしょうか)ではカラーが合わないかな?と思い同じデザインで赤味のあるオレンジ生地で新たに作ってみました
最近イージーレギンスなどカラフルなパンツが売られていてお尻のラインが綺麗に出るパンツが人気ですね
日本ではあまりメジャーではないヨガパンツですがお尻のラインを一番綺麗に見せてくれるのはヨガパンツだと思うんですよね
ただDDdyにそのままダウンサイズしたような薄手の生地でヨガパンツを作ってしまうと凄くフィット感は出るのですが股関節やお尻下の段差などが目立ってしまうので少し生地に厚みを持たせた方が良いかもしれません
色移り防止のボディストッキングやキャットスーツを着せていれば段差や関節も目立ちませんからその場合はかなり薄手でもいいでしょうね
バラの付いたチョーカーはデコレーションテープにゴムレースを縫いつけたいつもの作りにリボンなどと同じデコレーション用のバラを縫い付けただけの簡単チョーカーです
実は作った服に合わせてキャップも赤でニット風のを作ったのですが・・・被せて写していませんでした 笑

チョッパーハット

何か可愛い帽子を作ってみようとネットで画像検索していたらワンピースのチョッパーが前シリーズまで被っていたピンクの帽子を見て「いいなー」と作ってみました
DSCF1790.jpg

ピンクのフェルトに白のフェルトで×を付けて筒縫いしたものに丸蓋を縫いつけ鍔を付け出来上がり・・・かな?
中に白のフェルトでカラー(?)も付けて雰囲気付けしたのですが・・・筒の縫い代を取りすぎて出来上がったのはちょっと長過ぎるチョッパーハットになっちゃいました 笑
DSCF1792.jpg

茶の布が無かったので角は作りませんでした、そして一番の失敗は鍔の縫い合わせ部分がフロント部分に来ちゃった事・・・筒に鍔を縫い付けるので必死だったのか出来上がるまで全く気付きませんでした
縦に走る縫い部分を隠すのにスマイル君に一役かっていただきます、ちゃんと採寸して縫う時は向きを確認が今日の教訓でした 笑

ランジェリー 作り方

DDdyを手にして初めて作ったランジェリー、前回座った状態の写真で全身を写していましたが立ち姿でを貼りませんでした
作り方の質問とリクエストを頂きましたので立ち姿を貼って作り方を書いてみますね

写真の衣装を上から順に作り方を書きますが自己流ですから実際の正しい仕立て方と違う部分はご容赦下さい
IMGP0118.jpg

ナイトキャップ
まず四角い袋を作る要領で頭周りのサイズ(cm)に縫代をプラスした寸法となります
袋状に塗ってから縁の折り返しやレース付けはドールサイズですので難しいですから袋状にする前に縫い付けてそれを裏返し袋に縫い上げて再び表側へ返せば出来上がり
伸縮性の無い布で袋を作りピンクの帯びはデコレーション用のテープを縫い付けています
これだけではサイズもちょうどですし伸縮もしないのでピタっと縁がフィットしませんね?
ですから被り口部分が伸縮し髪の膨らみや被り位置を変えてもフィットするようにゴムの入ったレースを縫いつけています
袋状にする前に縫い付けていますがそのままで縫い付けてしまうとゴムの伸縮が弱いので縫い付けるときにゴムを少し引っ張り伸ばした状態で縫いつけると通常が縮んだ状態になるのでフィット感が上がりますね
四角い袋状に塗っているのでドールに被せると端の2端に角が残り頭巾みたいになってしまいます、丸く縫うか萎めれば普通のキャップになりますが・・・それではデザインが寂しくなりますしナイトキャップっぽくないのでここを絞って耳みたいに変えています
ゴムレースを縫い付けたリングで絞っていますからこれの位置をヘッド側に押し付けることでキャップがヘッド後ろ側へフィットする度合いを返られます

チョーカー
これは光沢のある生地を1cm幅の帯びになるよう両端を返して縫いそれにゴムレースを縫い付けて輪状に縫えば出来上がり
これは太もものガーターリングをサイズが違うだけで作り方は同じなので手首・足首やシュシュにも応用できます

オープンブラ
これが一番手間が掛かっている部分かもしれません、まずはチョーカーなどと同じように帯にしたものをアンダーバスト(胸囲)に合うサイズで作ります
輪状にせず後ろ側でホック留めにしますのでDDdyのアンダーバストに合わせたらホックをつける部分でピン留めしてフィットした状態で少し迫り上げるとバストの下で帯がバストの形状に持ち上がりますね?
このアール(曲線)にフィットするように押し付け鉛筆などで示し線を書いておきます、一旦DDdyから帯を外してそのアール線に合わせタック(縫い)を付けると装着した際にバストへフィットするブラのバンドが出来上がります
こうやって出来たカップラインにアールを合わせた布を作り縫い付ければブラの形状になりますがDDdyの大きなバストは持ち上がった造形ですのでハーフカップかオープンカップが似合いそうでした
ですからカップを作らず幅の広めなレーステープを折り重ね少しずらした形で縫い付けています
両側のカップ部分に縫い付けたレースを中央で合わせる為に三角に縫ったパーツを作りそれを中央に縫い付けて大きなカップブラの真ん中によく見る迫上がり部分にしています
この迫上がりがあるとブラをDDdyに装着させ最後にここを谷間へ押し込み埋めることでピタっとフィットした形状にできます
これだけ片紐無しのブラですが両脇のカップ迫上がりを作らなければ見栄えが悪くなります、ただ片紐を付けるとなるとオープンカップですからこの部分から片紐が伸びることになりますからどうせパーツを付けるならとデザインを片紐ありに決定
片紐は細目のデコレーションテープをそのまま縫い付けても良いですが長さ調整のパーツを作ったり縫い付けを間違うとフィットしなくなるしドールでよく見かけるバックラインが斜めに走って下過ぎたり上過ぎたり・・・
ですからチョーカーやガーターリングと同じようにゴムレースを縫いつけた帯を使って太めの片紐にしています
最後に初めに作ったブラ下ベルトにフリルを縫いつけアクセントにデコレーション用のリボンと後ろにホックを縫い付けて出来上がり

アームカバー
腕のサイズに合わせてカットした布の両端にレースやデコレーションテープを縫い付けてそれを裏側から筒状に縫い表側へ返し戻せば出来上がり
レッグカバーも同じ作り方ですがどちらも縫い上げていざ装着するとサイズが小さくなってしまい予定位置より下になってしまったり逆に大きくなってブカブカ・・・ちゃんと予定の位置で留まらなかったりありますので筒状に縫う際には初め5mm程縫ってそれを表側に返して実際にDDdyに合わせ問題ないか確認後に縫い上げて仕上げた方が間違いありません
もしそこであっていないのが判っても糸を切るのが少しで済みますしね 笑

ショーツ
まず股布を大まかな幅でカットして股間のラインに合う形状に決めます、これだけだと腰に掛かる紐をつければマイクロビキニかフンドシになってしまいますから両端にゴムレースを縫いつけ股間部分にフィットするようにして腰に掛かる部分はガーターリングと同じ要領のものを2本作ります
これをフロントとバックで縫いベルト状にするのですが先に作った股布を縫い付けて穿かせてみれば判る形状になります
それは腰に掛かるベルト部分が腰骨に掛かり股布の引っ張りでフィットさせる感じにしてしまうと変に歪むので自然ではなくなります
ですから腰ベルトを前後で縫い合わせる際に少しV字になるよう縫ってから股布を縫い付けてあげれば浮きも減りますし特に後ろ側の股布がお尻の谷間へ沿うようになります
今回は股布の後ろ側を細くしてTバック気味にしていますがここを包むデザインにしてフルバックなデザインにするのでしたら股布もフロントは一枚、バック側は二枚縫い合わせで作るとお尻の谷間に沿うラインが作れ浮き上がり辛くなります
ブラとセットのショーツですから同じようにフロント中央にデコレーションリボンを縫い付けて出来上がり

ガータリング
上で書いたチョーカーと同じ作り方です、

レッグカバー
上で書いたアームカバーと同じ作り方です、今回はブラとショーツに付けたリボンが余りましたのでレッグカバーにも付けてみました

ソックス
これは伸縮性のある生地で作っていますが縫う際にテンションを掛けず履かせた際に伸びるように袋縫いしておかないとカカト部分が通る際に縫い目が広がってしまいます
縫代が少ないと広がった部分から中が見えてしまうことも・・・だからと言って縫代を多くして縫いをシッカリさせてしまうと履かせた際に足裏や爪先に縫代が浮き出てしまい綺麗に見えないので伸縮性が少ない生地では足首の部分にゆとりを持たせて破れや広がりを避けた方が良いかもしれませんね
ソックスの作り方は長さを変えればハイソックスやニーソックスなどいろいろ作れますし袋縫いする前にレースやテープでデコレーションしてから仕上げると色々とバリエーションも楽しめます

今回使った生地やデコレーション用の物も全てダイソーで揃えた物ばかり、材料代だけなら1000円もせず作れますから「衣装作りはまだ・・・」という方も一度挑戦してみては如何でしょう?

スウェットワンピース

IMGP0175.jpg

普段着せておく衣装に最初簡易で作ったパーカーでは少々寂しいのでラフな感じで着せられるスウェットワンピースを作ってみました
IMGP0169.jpg

ちょっとポケットを大きめに作ろうとやってみましたが大きすぎたかな? 笑
スウェットワンピースのイメージはパーカーみたいにフードの付いているのが多いですがちょっとタイトな襟周りもいいかな?とネックタイプにしてみました
これにデニムのベストなどを組み合わせてみたり熱転写で胸元に大きなロゴやプリントを入れてみても面白そうですね
折角ポケットを付けたのですからMP3プレーヤーかスマホでも入れたくなります、色々作りたいものが増えてきますね
水色のキャップはまだ耳の部分を仕上げていない時点で写しちゃったのでダラーンとしていますがこの後にネズミ耳に縫い上げました
OUTDOORのバックパック、こうやって並べてみるとやっぱり「もう一回り小さかったらサイズピッタリ」ですね 惜しい!

アイライン

IMGP9918.jpg

フェイスメイクで書き残していましたので目の周りの仕上げを書きます
目を描いた後に水で薄めた赤を縁取りに少し流し上睫毛のラインとして少し黒を引いています
下睫毛は目尻側に数本短く描いただけでラインは引きませんでした
そして市販の付け睫毛を上睫毛に付けたのですが・・・ボリュームアップタイプを買ってしまい睫毛が眉毛より上まで・・・笑
長さをカットして横も目尻側に半分程度のサイズにして貼り付けています、まだDDサイズを把握出来ていないので購入の時には寸法をちゃんと確認しないといけませんね

OUTDOORのバックパック

IMGP0131.jpg

OUTDOORのバックパック型ポーチが売っていたのでサイズが合いそうと購入
DDdyに背負わせてみようと思ったらオープンブラで胸出してるのに背負っているのは変・・・
まだトップスのデザインも決めていないし作り始めてもいないし仕方ないのでパーカーを着せて背負わせてみると
正面から見ると良いサイズに見えますがちょっと大きめ、あと一回り小さければちょうどいいサイズかな?
IMGP0133.jpg

パーカーが簡易的に作ったものなのでポケットも無いシンプルデザイン、小さい缶バッチを付けてみましたが何だか幼くなり過ぎかな?
でもこんな立派な胸で乳首立ってるのは・・・衣装を着ていてもかなり目立ちますので少し削った方が良いのかな?それか衣装にパッドの用意が必要かな?
バックパックはDDdy用の小物や衣装などを入れて使いたいと思います

ランジェリー

IMGP0101.jpg

ミシンのカバーをバックに撮影でお見苦しい写真すみません
今まで簡易的に作ったニットキャップとパーカーにヨガパンツでしたのでちゃんとした衣装セットを作ってみました
ちゃんとしたと言ってもオープンブラですから隠れていないのですが・・・2/3カップかハーフカップにしようかとも思いましたがパステルが擦れて落ちるのも嫌ですしDDdyの胸はかなり持ち上がった造形ですのでオープンブラにしています
ソックス以外は伸縮性の無い生地をミシンで縫い伸縮レースとデコレーションテープを縫い付けてデコレートしています
あとはシュート丈のトップスでも作れば一応アダルトカテゴリーから外れる衣装になるかな? 笑
いまのところ靴がありません・・・作ったことが無いので出来るかどうか・・・やっぱりピンク系にしたいですね
作るとなると革か・・・何処かで可愛いピンクの靴売ってませんか? 弱音

ウィッグ

IMGP9925.jpg

「ボディペイント」の写真でもうウィッグ装着していますが改めてこちらに書きます
既製品のウィッグを使わずパステルを購入したダイソーにてキーホルダーとして売られているラビットファーを使用しています
ボール状になっているファーの金具取り付け部分を探ると中にゴムを通して丸められた部分がありそこをカットすると一枚のファーに戻ります
皮部分は脆く手で裂けることが出来ますのでハサミなどでカットしなくても好みのサイズに解体できます
ハサミなどでカットするとファーも切ってしまいますので裂く方が良いと思います
ヘッドにラップを巻いてウィッグキャップとします、形を保持させるためにセロハンテープで覆えばヘッド側の準備は出来上がり
ファーからの色移りは今の所(4日経過)無いのですがラップを巻く前にウィッグとして使えるか試しにヘッドに乗せてみたら・・・皮の触れた部分が黒くなり慌てて洗いました
ですからラップとテープでウィッグキャップ代用をしています
フロント・サイド・バックと下側から皮に接着剤を塗りキャップに貼り付けてゆく要領で髪型を作ってゆきます
最後に少し湿らせて形を整えてヘアスプレーで固定すると出来上がり、ラビットファー2個(210円)使いましたがファーが余りましたので1個半で作れます

ボディペイント

DSCF1765.jpg

パステル(ダイソーで購入)とトップコート(MR HOBBY)がヘッドだけだとかなり残っているので胴体(上下パーツ)と大腿と手に陰影を付けて仕上げています
首先1cm程はヘッドの着脱で擦れるので着色していません、腕と膝下も衣装の着脱で擦れますし衣装で隠れることが多いと思うので未着色

フェイスペイント

DSCF1761.jpg

ヘッド(DDH-03)を洗剤で洗い油分を落としたら乾燥、アクリル絵具(TURNER)を水で溶いて薄く塗り重ねるように描いています
耳・鼻筋・頬・額の陰影着けにダイソーのパステルを紙ヤスリに擦り粉にして平筆でトントンとやって保護定着につや消し(トップコート)を吹いて最後に目と唇にクリアーを塗って出来上がり
ウィッグを用意していなかったのでお坊さん状態は可哀想ですしニットキャップとパーカーでカバー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。